ABUロボコン2014 / ロボコン

ABUロボコン2014決勝。世界一は日本代表の名工大か!? 大会最速ベトナムか?

ABUロボコン2014決勝 日本 VS ベトナム

ABUロボコン:日本チーム

図らずも、去年と同一国のカードになった。
ベトナムにとっては雪辱の機会、と言えるかもしれない。大学も2年連続のラクホン大学だ。
日本にとっては王座を守る戦い、という見方もできるかもしれないが、昨年のチャンピオンは金沢工業大学。今の名工大メンバーにとっては、目の前のことだけしか見えていないだろう。

決勝のフィールドに入った日本チーム。応援席に手を振る余裕も見せる。
しかし、会場の緊張は高まる一方だ。

両国の紹介ビデオが終わり、ついに試合開始!
日本のスタートはスムーズにいっている。慌てる様子も無い。

ABUロボコン決勝:日本チーム
シーソーはほぼ互角。
若干ベトナムがリードするが、ブランコで両チームが並ぶ。ベトナムはいつものようにあっという間にクリア。しかし、日本はブランコへの子機の設置に手間取ってしまう!

ABUロボコン決勝:日本チーム

その間にベトナムはポールウォークへ走る。
遅れて日本もポールウォークへ。

しかし、しかし。
ベトナムの牙城は崩れなかった。
すでにポールウォークをこなしたベトナムは、ジャングルジムを駆け上がりSHABAASH。
また47秒だった。

ABUロボコン決勝:ベトナムチーム

会場は地響きにも似た歓声に包まれる。両国チームの応援席だけでなく、全体から大きな拍手と歓喜・祝福の声。
大きなベトナム国旗を持って走り回るメンバー。ベトナムのスタッフ、関係者も一緒になって走り出す。

ABUロボコン決勝:ベトナムチーム

その間名工大チームは、フィールドにいた3人だけでなく、その他のメンバーも集まっていた。
日本応援席からはチームに向けて声援。聞き取れないがきっと、よくやった、ということのように思える。

そしてベトナムチームがまたフィールドに戻ってくる。それに押されるように日本チームはフィールドを降り、ベトナムチームを、応援席を見上げた。

DSC05363

ABUアジア・太平洋ロボットコンテストーABUロボコン2014は、圧倒的な精度と安定度を誇ったベトナム・ラクホン大学の優勝で幕を下ろした。

この会場にいる参加者以外の人々は、きっとこの熱い戦いに参加している学生全員がうらやましいに違いない! みんな、スーパークールだ!

DSC05430 DSC05442 DSC05443
DSC_0930Photograh by Nitin LawateDSC_1194Photograh by Nitin LawateDSC_1201Photograh by Nitin Lawate

出場ロボット解剖計画
Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp