ABUロボコン2014 / ロボコン

ABUロボコン2014 日本・名工大チーム 動画コメント

 

名工大は国内初優勝で世界大会の決勝まで進んだ。破れはしたものの、これは立派な成績と言えるのでは?
この舞台での初試合では、大会初のSHABAASHを決め、会場を沸かせてくれた。

ABUロボコン2014:日本チームSHABAASH

■「1試合目を終えて」名工大:久野さん

■「1試合目を終えて」名工大:柘植さん

 

しかし予選2戦目でまさかのマイナス得点。この直後の表情はさすがに悔しさに溢れていた。しかしピットに戻ると直ぐに改良点を議論。これが強さの秘密かもしれない。

ABUロボコン2014:日本チームミーティング風景

■「決勝トーナメントに向けて」名工大:久野さん

準々決勝のタイムは1分10秒程度。もはやミスは過去のもので、完全に目の前の課題に頭が切り替わっている。

■「決勝への豊富」名工大:野々目さん

この大会を通して、日本チームは注目の的だった。マシンの調整はもちろん、我々のようなメディア対応、さらに各国スタッフの交流も含め、目が回るように忙しかったに違いない。
ABUロボコン準優勝という素晴らしい成績を残した原動力として、インストラクターの教授や応援団を含め、部員全員で戦ってきたチームワークの良さを挙げたい。改めて名工大の皆さんにエールを送りたい。スーパークールだ!

DSC05429
ABUロボコン2014:日本チームと応援団

ABUロボコン2014:日本チーム

NHK学生ロボコン2016 出場ロボット解剖計画
Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp