ABUロボコン2014 / ロボコン

ABUロボコン2014 決勝トーナメント出場校 準々決勝

決勝出場校一覧

ベトナム
タイ
日本
インドネシア
マレーシア
ロシア
モンゴル(ワイルドカード)
エジプト(ワイルドカード)

日本は予選でのまさかの敗北を味わった。
決勝進出は決まったものの、日本は窮地に立たされている。
しかしキャプテン・柘植健太さんは「問題はわかったので対応できます!」と明るい表情。久野顕司さんも「やるしか無いです!」と笑った。次の試合までに帳尻を合わせてくる、と思いたい!

決勝トーナメント

決勝トーナメント組み合わせは下記の通り。日本は第4試合に出場する。

第1試合 準々決勝 エジプト vs ベトナム
第2試合 準々決勝 インドネシア vs マレーシア
第3試合 準々決勝 モンゴル vs タイ
第4試合 準々決勝 日本 vs ロシア

第1試合 準々決勝 エジプト vs ベトナム

いきなり優勝候補の登場に、会場はこれまでより明らかにヒートアップ。
ベトナムのリーダーは落ち着いた表情。進行は完璧。一切の不確定要素はなく、当たり前のようにSHABAASH。そしてレコードとなる47秒。
……にも関わらず、チームののメンバーは皆何事もなかったような顔でピットへ。凄みすら感じる。

ABUロボコン2014決勝トーナメント:ベトナム

第2試合 準々決勝 インドネシア vs マレーシア

直前までレフリーと話し込む両チーム。
マレーシアはシーソーでタイムロス。
その間インドネシアは着々とセクションをクリアしていく。そしてジャングルジムへ。SHABAASH直前、まさかの落下! しかし2回目のトライで無事成功。1分30秒位(歓声でアナウンスが聞こえず!)でのSHABAASHとなった。

ABUロボコン2014決勝トーナメント:インドネシア

第3試合 準々決勝 モンゴル vs タイ

強豪が続く。タイのアーミーグリーンのエアタンクが美しい。

やはりセクションは次々とクリアしていく。しかしブランコでリトライが発生。とは言え慌てる様子はなく、2回目でクリア。そのままSHABAASHへ持ち込んだ。1分40秒程度の記録だった。

ABUロボコン2014決勝トーナメント:タイ

第4試合 準々決勝 日本 vs ロシア

ついに日本の登場。
若干の緊張した表情は見られるが、みなテキパキと動き、またレフリーとの確認事項を確実にこなしている。

ABUロボコン2014決勝トーナメント:日本

試合開始!
応援席からは必死の日本コール。応援の人数は多くは無いが、思いの強さはその表情から伝わる。
前回つまずいたブランコで若干時間をロスするものの、リトライ無しで決めた。

ABUロボコン2014決勝トーナメント:日本
ABUロボコン2014決勝トーナメント:日本
ABUロボコン2014決勝トーナメント:日本

ポールウォークもこなし、残るはジャングルジム。これも無事に決め、再びSHABAASHをもぎ取った。1分10秒程度。準決勝進出となった。

ABUロボコン2014決勝トーナメント:日本

ピットに引き上げるメンバーは声援に手を上げて応え、先ほどの敗戦のシーンではあり得なかった、少しの笑顔も見せた。しかし、未だタイム的にはベトナムはおろか、自らの国内大会での記録にも及ばない。準決勝までのインターバルは短い。果たして調整は?

※タイムは速報値です。正式なリザルトとは異なる場合があります。

高専ロボコン2015 出場ロボット解剖計画
Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp