チーム紹介 / ロボコン / 高専ロボコン2016

一関高専:ゆきとら

写真左より堀貴仁さん、佐藤克樹さん、泉壮洋さん
写真左より泉壮洋さん、堀貴仁さん、佐藤克樹さん
一関高専
出場回数 2年連続15回目
キャプテン名 堀貴仁さん
チーム名(の意味) ゆきとら
チームメンバーの「ゆうき」と「ただとら」の名前から取って「ゆきとら」になりました。
出場者名 佐藤克樹さん、泉壮洋さん
ロボット名 ゆきとら:砦建設 ロボット
チームメンバーの「ゆうき」と「ただとら」の名前から取って「ゆきとら」になりました。もるとら:灯台建設ロボット
チームメンバーの「モル(佐藤克樹のニックネーム)」と「ただとら」の名前から取って「もるとら」になりました。
ロボットのコンセプト 今年度は昨年度と同様に全国優勝を目標に一年間頑張りました。
そのため、他のどの高専よりも高い砦を作るためのロボットを製作しました。
キーデバイス RS775モータが砦を作成する際にとても重要な役目を担っています。
また、東北地区大会では「もるとら」に圧力センサを使用していたのですが、非常に役に立ち、優勝に貢献しました。
こだわったポイント 「もるとら」は小回りが利き、素早い動きが自慢です。「ゆきとら」はとても高い砦を安定して積み上げることが出来るのが自慢です。
また、私たちのチームの特色なのですが、ロボットの色にこだわりがあります。それぞれ「オレンジと黒」、「青と黒」と2色を使っていて、とてもきれいな仕上がりになっています。
戦略・必勝パターンは? 小回りの利く「もるとら」で灯台を作成し、ボックスを回収して「ゆきとら」に受け渡す。
「ゆきとら」は受け取ったブロックを用いて砦を作成します。
チームのHP等 http://robocosoinct.blog45.fc2.com/
出場ロボット解剖計画
Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp