NHK学生ロボコン2016 / ロボコン

準決勝 速報:NHK学生ロボコン2016

決勝トーナメント準決勝。ベスト4。

進出チームは下記の通り。

金沢
豊橋
九州
東京

いわゆる強豪校が勝ち残った、と言っていいのではないか。非全自動チームからは、九州が残った。

準決勝第1試合:金沢×豊橋

自動機、そしてクリーンChai-Yoができるチームが当たる。瞬き厳禁。金沢応援団は、今の場所は「通過点」とのこと。世界を目指す、ということだ。アツい。

スタート、目が離せない。若干リードしたのは金沢。しかしポール到達はほぼ同時。プロペラ受け渡しで両者リトライ! そして復帰も手間取る。

速くポールを登ったのは……、豊橋、Chai-Yo!

53秒。金沢、今大会の最速タイムを出しながらの敗退。悔しさがあらわに。この瞬間、さまざま意味で、Twitterのタイムラインが加速した。

準決勝第2試合:九州×東京

九州、東京大学に阻まれてきたこれまでの思いを、応援団インタビューで吐露。

東大の応援団インタビューは、組織力を感じさせる動員数。声援も大きい。

スタート。

そして……、東大、17秒Chai-Yo! 九州は登りスロープの途中だった。東大の壁は厚かった。

しかし、敗者インタビューでは悔しさを表に出さず、学びの機会であったこと、思わぬ準決勝進出であったことなど、前向きな、そして気負いの無い姿を見せてくれた。応援団がアツく、フィールドメンバーはクール。ある意味、理想的な精神状態なのではないか。

 

決勝 東京大学×豊橋技術科学大学 速報へ続く

高専ロボコン2015 出場ロボット解剖計画
Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp