レポート

Makersの新パワースポット「電気電波の神様が宿る法輪寺」で、デバプラシールが御祈願をしてもらった話

我々デバイスプラス編集部(とその運営元のローム株式会社)はこれまでロボコニストや開発に一生懸命取り組む方々に、約2年間の間、たくさんの記事をご提供することで、ものづくりの応援を続けてきました。

しかし、圧倒的に何かが足りないと我々はいつも思っていました。

他のものづくり系のWEBサイトが持っていて、デバプラが持っていないもの。
それは……シール。

「デバプラ、金ピカのシール作るってよ」

こんにちは、デバプラ編集部です。ついにデバプラも、他のMakers達の仲間入りです。

えへへ、作っちゃいました。シール。これからいろんな展示会とかで配っちゃうぞ~!しかも、そんじょそこらの普通のシールではありません。電気電波の神様が宿るという法輪寺でしーーっかり御祈願済みのシール!電気・電波トラブルも、このシールがあればNo Problem(?)です。今回はシールの御祈願に至るまでを、法輪寺の紹介を交えてレポートいたします。

法輪寺(電電宮)

京都は嵐山。そのお寺の名前は「法輪寺」。十三参りでも有名なお寺です。

そこに「電電宮」という電気電波の神様が宿る場所がある、という噂をTwitterで聞きつけ、さっそくシールの祈願をしてもらいに行ってまいりました。

嵐山駅からすぐ近く、法輪寺の入口はとても雰囲気があります。

入ってすぐ右側の所に「電電塔」と言われる塔がありました。左はエジソン、右はヘルツのお顔が石に刻まれています。

エジソンとヘルツに見守られながら、そびえる階段を、シールを抱き抱えて1歩ずつ上がっていきます。聞こえるのは我々の足音のみ。自然が多く冷たい空気で、シーンとしています。

しばらくすると、このお寺に寄付をしている名だたるインフラ系大手企業が名を連ねるボード(?)が見られます。流石、電気電波の神様です。

階段を上りきらない(本堂までたどり着かない)ところに「電電宮」はありました。シンプルでこじんまりしていますが、とても雰囲気のある鳥居です。他の参拝客はいませんでしたが、デバプラは御住職へ祈願の予約をしてありましたので、ここは簡単にお祈りを済まして、さらに階段を進みます。

階段を上りきり、本堂に到着しました。右奥にあるお土産屋さんを訪れると、お土産の1つに「マイクロSD御守」なるものが!携帯に入れておける御守とは、なるほど。バリ3の神が宿るということでしょうか。(「バリ3」ガラケー時代、電波を表す棒マークがMAXの3本立っていて、電波がバリバリあるという意。バリサンと読む)

お土産屋さんにいらっしゃったお弟子さんに「デバイスプラスです」とお伝えすると、しばらくして御住職が出てきてくださいました。軽くご挨拶をさせていただいた後、さっそく今回の祈願内容を考えていただくことになりました。

祈願の準備

今回の企画は説明が少し難しく、「ローム株式会社が運営するデバイスプラスの読者様及び全Makersに対してこのシールへ祈願をお願くぁwせdrftgyふじこlp」等と、訳の分からない説明になってしまいました。お恥ずかしい。

御住職が上手く日本語に直してくださいましたので、ひとまず安心。「なんとかしますよ^^」と、笑顔が素敵なお方です。

「では参りましょうか」と誘導していただき、本堂の中へ足を踏み入れます。
なんだか緊張する!!

本堂内には仏様がいらっしゃり、金ぴかの塔や入れ物等が周囲に置かれていました。

sticker13

さっそくシールを出します。「おお、金ぴかですね」とお褒めのお言葉(?)をいただきながら、お盆の上にシールを配置してくださいました。

私だけでしょうか。お盆の上に置かれると、シールがすごくカッコよく見えます。笑 これが本日一番のお気に入りショットになりました。

祈願開始!

「では始めさせていただきます。途中、御焼香をお願いいたしますので。」のお言葉で祈願がスタート。長い棒で金の器を強くたたき、「キーン」といった音が堂内に鳴り響くと、棒を空中で左へ右へと振ります。まるで電気電波がそこにあり、それを「散らす」ような動作だと感じました。

お経がはじまり、祈願内容も読み上げていただきます。ひと段落すると、自分で焼香を上げるように促され、慣れないながらも必死に手を合わせて祈りました。
「デバプラ読者様の、開発やコンテストが上手く行きますように」

その後、再度祈願内容とお経を読んでいただき、祈願は約20分程度で終了となりました。

祈願を終えて

とても迫力のあるお声だったので、「これは効果あるぞ~」と大満足の私。シールに同梱する説明書の文言の添削もご協力いただきました。

本堂を出ると、お菓子とお茶を準備してくださっていました。
とっても美味しい!集中した後なので、甘いお菓子がうれしいです。

御住職が「最近は続々と祈願の依頼が増えてきていますよ」とおっしゃるので、近日のMakers Movementを簡単にご説明させていただきました。「子供でもパソコンが作れちゃう時代になってきているようです」と。その他、いろいろな雑談をした後、御住職とはお別れをしました。

帰路

本堂近くには素晴らしい景色が広がっていました。嵐山、いや、京都を一望できる素敵な場所を見つけてテンションがあがる私。京都タワーも見えました。「めちゃんこ綺麗やなあ…」

これにて祈願レポートは終了です。

いかがでしたでしょうか?Makersにとってここがパワースポットであることは間違いなしです。
是非みなさんも法輪寺行ってみてください。

シールのゲット方法

「で、このシールどこでもらえるの?」と思ったそこのあなた!!
抽選で50名様にプレゼントいたします! ご希望の方は下記ページよりお申し込みください。

法輪寺の祈願済みデバプラシールプレゼント!

また、今年のMaker Fair、ロボコン会場、ロームの展示会ブース等で何枚か準備出来るかと思いますので、またどこかで編集部(腕章つけてます)に遭遇したときには「シールください」とお声掛けくださいませ~!

Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp

Raspberry Piを活用してみよう(初級編)