サムスン、4K相当の画質で360°の全天球映像を撮影ができる「Galaxy Gear 360」発売。VR対応、パノラマ映像やタイムラプスも!

サムスンからスマートフォンgalaxyシリーズの周辺機器として、360°の全天球映像を撮影できる「Galaxy Gear 360」が7月15日から発売されました。

球体の前後に1500万画素のカメラが搭載された2眼式となっていて、4K相当の動画、3000万画素の静止画を360度撮影できます。パノラマ映像の他にも、タイムラプスやループ映像も撮影できるそうです。「gear VR」にも対応しているため、視点を360度で変えながら視聴することも。

内蔵の無線LANとNFCでgalaxyシリーズの一部機種とペアリングでき、モバイルアプリ「gear 360 manager」を利用すれば映像をスマホに表示しながら撮影したり、そのままSNSへのアップロードが可能になります。

防水、防塵仕様のため、ある程度の雨風の中でなら撮影が可能かも。本体価格はオープン価格で、市場予想価格は4万円台後半。

Galaxy Gear 360スペック詳細

  • 1500万画素カメラ(球体の前後に搭載)
  • 動画:4K相当 3840 x 1920 pix / 30fps
  • 静止画:高精細静止画 3000万画素
  • ディスプレイ:0.5インチ 有機ELディスプレイ
  • Bluetooth v4.1、Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac 2.4+5GHz)
  • microSD/SDXC/SDHCカード(最大200GBまで)
  • USBバージョン: USB 2.0
  • バッテリー容量:1,350mAh
  • 本体寸法:高さ:56.3 x 幅60.1 x 厚さ66.7 mm
  • 重さ:約152g

 

以前ご紹介したXiaomiのドローンにも搭載されていた360度撮影ができる球体型のカメラは、VRなどを体験するのにぴったりですね。こちらはスマートフォンの周辺機器とのことですが、一気に動画撮影の幅が広がって楽しそう。先日のNHK学生ロボコンもこれで撮影したみたかったです!

■関連リンク
SAMSUNG Gear 360公式サイト

Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp

電子工作マニュアル Vol.4