羽田空港でロボット実験プロジェクト「Haneda Robotics Lab」が始動!第1期参加事業者の公募開始

hrl01

日本空港ビルデング株式会社(羽田空港の管理・運営会社)がロボットの技術検証を目的としたロボット製品導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」を実施しており、特設サイト上で、「清掃ロボット」「案内ロボット」「移動支援ロボット」の募集カテゴリから事業者・開発者を公募しています。

このプロジェクトは経済産業省「ロボット導入実証事業」を活用し、政府による「改革2020」プロジェクトの実現に向けた取り組みの一つ。
実際に多くの人が利用する羽田空港を実験の場とすることで、ロボットを身近に感じ、日本の最先端技術を世界中へ発信することを目指しているとのことです。

公募要項

  • 募集期間:2016年9月20日(火)〜10月13日(木)
  • 実験期間:2016年11月初旬〜2017年1月末日(予定)
  • 募集カテゴリ : 1.案内 2.移動支援 3.清掃
  • 実証実験場所:羽田空港国内線第2旅客ターミナル 南側出発ロビー(予定)

どんなロボットが見られるのか?とてもワクワクしますね! 今年の11月には実証実験が始まるとのことで、興味のある方はぜひ羽田空港まで!

■関連リンク
特設サイト Haneda Robotics Lab

Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp

出場ロボット解剖計画