「Raspberry Pi Compute Module 3」がリリース – RAMの容量が2倍、CPUパフォーマンスは10倍に

Raspberry Pi Compute Module 3

© Raspberry Pi Foundation

Raspberry Piの組み込み用途向けのボードモジュール「Raspberry Pi Compute Module 3」が、1月17日にアールエスコンポーネンツより販売開始されました。

初代Compute Moduleと比べ、RAMの容量が2倍、CPUパフォーマンスは10倍に!産業機器や組み込み機器向けにカスタマイズされた製品で、省スペース・省コストでIoT端末に搭載が可能。価格は4,500円(税別)。
さらに、低コストモデルとして「Raspberry Pi Compute Module 3 Lite」も同時にリリース。こちらはCompute Module 3と異なりフラッシュストレージが搭載されていないものの、外部ストレージを活用することで全体のコストを削減できるようで、価格は4,000円(税別)。

NECの新モデルの大型ディスプレイに組み込めるようなので、近々街中のデジタルサイネージで見かけるかもしれませんね!(とは言っても、ラズパイが組み込まれているかは外からはわかりませんが…)

スペック(Raspberry Pi Compute Module 3)

  • BCM2837プロセッサ
  • ARM Cortex-A53クアッドコア
  • 1GB LPDDR2 RAM
  • ストレージ用4GBオンボードeMMCフラッシュ

■関連リンク

Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

http://deviceplus.jp

Raspberry Piを活用してみよう(初級編)