ロボコン

【リアルタイム更新】高専ロボコン2018 テストラン

高専ロボコン2018 テストラン

 
DswduvGVYAAcvuG

鈴鹿高専、高いところに設置した外部カメラは本番環境でも認識できているようだ

 
呉

呉高専の「合体して大量のペットボトルを同時に2.4mのテーブルに置く」という必殺技は、ロボットの合成アップによってパワーアップしている模様。
果たして明日は何点が飛び出すのか、目が離せません!

 
DswcYumVAAA88VZ

神戸高専、28点大量得点を決める
予選に向けての準備は万全か

 
DswaryIU8AAQK0H

国際高専、虹色に着色されたペットボトルを、2段テーブルの下段に大量得点成功!

 
DswZpfHUUAA7yPN

ここからは試合形式のテストランだ
赤ゾーンの熊本高専八代、開始後自動ロボットが動きださなかったものの、リトライして1分20秒でVゴールを決めた

 
DswW9uOU0AAY8cF

函館高専、センサの不調か自動機の位置がずれテーブルにペットボトルが乗らず

 
DswVeYrUwAEtzXC

津山高専の自動機、自己位置が取れずリトライを続ける

 
DswS9_cVsAAFJtX

呉高専、大量得点成功です!

 
DswQ_NcUcAAeTBB

福島高専、ペットボトルが乗らず苦戦中です

 
都城

都城高専、トランポリンフリップが成功し、歓声が湧いています!

 
北九州

真っ赤なペットボトルが特徴の北九州高専、ペットボトルがなかなかテーブルに乗らず苦戦中
広島商船、安定して得点を稼いでます

 
長野

長野高専、高く打ち上がったペットボトルがテーブルにピタリと立ち、会場から歓声が

 
岐阜

岐阜高専、合体はうまくいったもののその後の動きに不具合か

 
DswICUMVsAEBGJM

香川高専詫間、カラフルなペットボトルを華麗にテーブルの上に立てていきます!

 
DswHsToU8AAv-fh

仙台名取、コントロールターミナルとの通信がうまくいってないのか自動機が不調気味だ

 
旭川

旭川高専、真っ黒なペットボトルをテーブルの上に乗せることに成功しています!

 
明石

明石高専、苦戦中です

 
佐世保高専

佐世保高専、テストラン初のVゴールです!

 
香川高専

香川高専高松、1回目のテストランから次々とペットボトルを立て、あと一歩でVゴールのところまで調整し終わってます

 
Dsv43GMU4AE3-ej

豊田高専、テーブルから落ちても立ってしまうほどペットボトルの着地の安定性が抜群です!

 
DsvxFbFU4AA8Iv4

東京高専、自動機が順調に次々とペットボトルを立てています!

 
DsvvXWJVAAMtsFh

赤ゾーンでは和歌山高専のメイドロボがペットボトルを乗せています!

 
Dsvq0-bVYAET_Uf

テストランが始まりました。早速ペットボトルを乗せることに成功しています!

 
Dsvn1zEUcAAaybl

間もなくテストラン開始です!

 
 

高専ロボコン2018 ピットの様子

DswiFYMU4AA81yM

誰もが知るトランポリンの都城。パフォーマンスをより確実に、より圧倒的なものにするために改良を重ねた模様。ポイントは、研究に研究を重ねたトランポリンの布だそうです。メンバーは、試合を楽しむ気マンマンでした!

 
DswhY1bU0AAkkaA

豪快な合体が印象的な和歌山高専のメイドさん。パワフルな合体の秘訣は、極太のエアシリンダ。メイドさんの上半身を持ち上げたあとは、エアシリンダのアームでがっちりホールド。メイドさんの顔が可愛くなってるのも注目です。

 
DswgBNzU8AI1yCI

明石高専は、布で包んで弾き飛ばすという本大会唯一の射出方法。自動機の射出機構や装填機構も他に負けない完成度です。独特の射出方法の他にも、手動機のデザインや美しいライティングも見所です!

 
DsweB8rUUAAqB3s

津山高専の見せ場は「自動機の3回転フリップ」「自動機から2段テーブルへの遠投」「着地と同時に中身の色が変わボトル」と盛りだくさん。
アクロバティックなボトルの動きを本番で見れるのが楽しみです!

 
DswWsRUUUAIKzQ6

広島商船高専は自動機の移動経路の短さに自信あり!その秘訣は、コントロールステーションと、自動機のバンパーのような円筒。実はこの円筒はコントロールステーションが自動機を検出するための反射板。これにより、他高専より短い経路生成が可能となる。

 
DswRfriU4AAEhHe

神戸高専のロボットは、手動機と自動機の外装がとても愛らしく秀逸。ですが、その得点力と得点速度はさながら「可愛い見た目をした悪魔」とのこと。現地での調整がうまく行き、メンバーはやる気と自信で満ちていました!

 
香川高専宅間

香川高専詫間キャンパスは、何と言っても独特な移動機構が特徴。直進性を重視した駆動機構を、移動する方向に合わせて切り替えるシステムは本大会唯一。確実な移動とシンプルな射出機構で、安定した大量得点を狙うようです。

 
DswMafJVsAE0nTX

長野高専は、ローラーが4つ付いた射出機構が目を引きます。ローラーそれぞれにモーターが付いており、回転数に差をつけることでボトルをフリップさせることが可能となっています!
役割ごとに用意された3つの射出の機構で、安定した得点を狙います。

 
DswLBjuU4AETKGt

豊田高専の手動機は、とにかくフリップさせることにこだわっていました!人間らしい自由度の多い腕でスナップを利かせて立たせる機構や、ギヤとラックを使って直動と回転を同時に行う機構など、ユニークな機構が満載でした。

 
DswJHRPUwAAOc9a

熊本高専八代キャンパスのロボットは、スムーズな合体からの大量得点が持ち味と思われがちですが、メンバーに話を聞くとしっかりとVゴールもできる様子。大量得点で確実に勝ち抜ける以上、今までに見たことのないVゴール動きは大きな脅威となり得ます!

 
DswF-xzUcAAfu9Q

九州の覇者である北九州は、ロボットの配管の美しさからもその片鱗を感じることができました!
地区大会以降は制御担当者の絶え間ない努力で自動ロボットの移動経路最適化を行っており、以前より速いタイムが期待できるようです。

 
DswFNTOUwAA29_t

佐世保高専は、ボトルフリップをする自動機の中では最速でVを狙える自信があるようです!
3つのローラーを使ってボトルをフリップさせるようで、地区大会からの改良の甲斐あって2.4mのテーブルにも安定して乗るようになったようです。

 
DswC8cyVYAAWGQJ

最初の地区大会で大記録を打ち立てた香川高専高松キャンパスは、地区大会から見違えるような改良を重ねていました!
その努力は機構的な面だけでなく、見た目の美しさにも及んだようです。メンバーに取材した際、息を呑むほど美しい1枚をいただきました。

 
Dsv_4bnU8AAQQua

岐阜高専のロボットは、自動機と手動機の合体に使われるパワフルなジャッキが特徴的。
ボールネジとパンタグラフを用いて手動機を高く持ち上げ、サイズ制限ギリギリまで展開。最も高いテーブルに安安と手を伸ばすことができます!

 
Dsv-ImqUwAEiEqL

鈴鹿高専の最大のウリは、コントロールステーションです!
高所に設置されたカメラにより、移動テーブルの位置だけでなく射出が成功したかどうかを検出。さらに、射出の結果を下部のスピーカーから音声で報告するという徹底ぶり。

 
Dsv9d6MVAAA06UC

国際高専は、大会で最も大きいペットボトル!ボトルを大きくすることで、手動機に必要な展開を省こうというアイデアです。
他にも、6本のペットボトルを同時に射出できる機構や細部の装飾など、見る者を楽しませる工夫が凝らされていました。

 
Dsv4BctU8AEu3B0

東京都立産業技術高専荒川キャンパスのマシンは、エアーのシステムに強いこだわりがありました!
制御可能なレギュレータによって正確に圧力を調整する、自作シリンダを金属パイプで保護するなど、エアーを安定運用するための工夫が多く見られました。

 
DsvzJehVAAAxcDB

群馬高専は、ボトルをきりもみ回転させつつ射出するという独特な機構を搭載していました!
それを可能にするのが、エアシリンダの側についているオムニホイール。
射出時にきりもみ回転させることで、ボトルの姿勢が安定するそうです!

 
DsvwyM1UUAEeyij

スタイリッシュな外装に目がいきがちな東京高専ですが、間近で見るとその美しさは各機構へのこだわりに由来することがわかりました!
定加重バネを用いた射出機構は、エアチャックによって装填時に出力調整が可能となっています。

 
DsvuLAMV4Ac-9EQ

仙台高専名取キャンパスのロボットは、様々な場所にセンサを搭載。
射出機構にエンコーダを付けてログを取ったり、エアタンクに温度計をつけたり、バッテリーの電圧を測定したりと、マシンの状態を正確に知る努力を感じます。

 
DsvsU6IUcAAeTOQ

黒と白のコントラストが美しい、自動販売機がモチーフの福島高専のロボット。
様々な機構を用いて射出を行うというコンセプトから、エアシリンダや定加重バネを用いた複数種類の射出機構を採用しています。

 
DsviydQU4AAFmcA

開場早々に搬入を終えた一関高専のピットには、展示パネルまで用意されていました!
そんな一関高専のロボットは、モーター3本の回転を直動に変換するパワフルな射出機構を搭載していました。

 
Dsvf7HzV4AERQAN

旭川高専の自動機に搭載されてるリボルバーのような射出機構。駆動機構と射出機構の間に配線がないため、360度回すことも可能だそうです!

 
Dsvdm9qU0AE26_b

ピットから各校の特徴的な技術をピックアップし、投稿していきます!
まずは函館高専の、エアシリンダーと紐を組み合わせた自動機の射出機構。動滑車をエアシリンダで動かし、紐の先端に付けられた射出機構のストロークを稼いでいるそうです。

 
46892067_2073391062723512_5648470744061968384_n

高専ロボコンのピットにロボテックジャージ!?

 
DsvFVWbVsAAPKOX

続々とピットにロボットが運び込まれてきました。着々と進んでいく準備の様子も、お届けしていきます!
 
 

高専ロボコン2018 トーナメント表

DSC03229

速報!先程行われた組合せ抽選結果です
 
 

高専ロボコン2018 テストラン前の様子

DsvO1kdVsAE3NC8

オリエンテーションが始まりました
 
 
Image from iOS

いよいよ本戦を明日に控えた高専ロボコン2018。今日は前日に行われるテストランの様子をリアルタイムで更新するよ!ピットの様子もできる限りお伝えしていきます!
 
 

RoboMaster 2019 参戦ファーストステップガイド
Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

https://deviceplus.jp