ロボコン

鳥羽商船高専:鳥羽の奇妙な物語(トバビザールテール)

写真左より片浦雄大さん、辻輝さん 平石和哉さん
写真左より辻輝さん、片浦雄大さん、平石和哉さん
鳥羽商船高専

出場回数 (学校として)4年ぶり3回目
(出場組織として)12年ぶり2回目
キャプテン名 片浦雄大さん
出場者名 辻輝さん
平石和哉さん
ロボット名 鳥羽の奇妙な物語(トバビザールテール)
三種の神器(宝)を取りに行く物語という設定から片手だけが動くことから奇妙をつけています。
ロボットのコンセプト 複雑な機構を使わず身近なものや単純な機構の組み合わせで課題をクリアできるように作っています。
キーデバイス 手型の指や手首についている突起は紐で指を操るために重要なパーツになっています。
運搬用ロボットのスロープについているゴムも発射の衝撃で倒れないように必要で、これにより動力なしでスロープを固定・展開できます。
また、ロボット4台中2台をLazurite(ラズライト)を使用して、1台のコントローラで2台を操作できるように通信を組んでいます。
こだわったポイント 手の形をしたロボットで、おそらく勝ちあがれないけど、観客を楽しませるという目標を達成するため、箱を掴みにくくても人の手の形を再現することにこだわっています。
指は幾つかの指ごとに動かすことができ、グー、パー以外にチョキ(ピースサイン)も出来ます。
戦略・必勝パターンは? 砦を築く時間を短縮するため、箱を港町から直接丘の上まで投げて乗せます。
チームのHP等 公式Twitterアカウント
高専ロボコン2019出場ロボット解剖計画

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

https://deviceplus.jp