NHK学生ロボコン2016 / チーム紹介 / ロボコン

京都工芸繊維大学:ForteFibre

写真左より塩津拓真さん、浅野潔志さん、土井健太郎さん
写真左より塩津拓真さん、浅野潔志さん、土井健太郎さん
京都工芸繊維大学
出場回数 4年連続8回目
チーム名(の意味) ForteFibre
イタリア語で「強靭な繊維」という意味です。工芸繊維大学の「繊維」がもとで、しなやかだがたしかな強さを表しています
キャプテン名 塩津拓真さん
出場者名 浅野潔志さん、土井健太郎さん
ロボット名 HR:マーキュリー:機体に使用しているダグテッドファンの名前がマーキュリーだったから
ER:コメット:HRのマーキュリー→水星→すいせい→彗星から
ロボットのコンセプト 強力ファンで風を送ってERを動かすHRは軽量化の為に独立二輪モーターによる2輪+キャスターの形になっています。自己位置もエンコーダーやジャイロセンサーなど各種センサを複数併用して正確に行えます。
ERは3Dプリンタパーツで最適形状にすることによる軽量化を行っています。
キーデバイス 9.のポール上昇用タイヤ、ポール上昇に使う2本の150Wマクソンモーター、3.5kgfの出力が出せるダグテッドファン
こだわったポイント ポール上昇用のタイヤは、中国コマのようにポールに添わせる形に自作しており、学内工場の技官さんと相談しながら製作しました。
また各所に3DプリンタパーツやNCパーツを使っていて省スペースで最適な形にしています。
戦略・必勝パターンは? 風でERを動かし2本の強力モーターで素早くのぼって課題達成します
ベストスコア・最速タイム 1分35秒
他のチームのテストランを見ての感想 東京大学がすごい
チームのHP等 https://www.fortefibre.net/
出場ロボット解剖計画
Device Plus 編集部

エレクトロニクスやメカトロニクスを愛するみなさんに、深く愛されるサイトを目指してDevice Plusを運営中。

https://deviceplus.jp